このエントリーをはてなブックマークに追加

α6400用のおすすめカメラケース3選【おすすめ&レビュー】

α6400とケース画像 カメラアクセサリ

せっかくのカメラに傷が付いたらイヤだから、なるべく早くケースが欲しいけど種類が多くてわからない・・・

カメラケースっていろいろあってどれがいいのか迷いますよね。

この記事ではソニーα6400用のおすすめカメラケースを、実際に使用し画像入りで詳しく紹介しています。

さらにカメラケースだけでなく外出にも便利なソフトケースとインナーバッグも紹介していますので、是非最後まで読んで頂ければと思います。

スポンサーリンク

α6400のおすすめケース① ソニー純正ボディーケース

ボディーケースって何だろう?カメラケースとは違うのかな??

ボディケースとはボディジャケットとも呼ばれますが、このように装着したまま使うタイプのケースの事ですよ

結論から言うと、結局一番気に入って使っているのが、まさかのソニー純正ボディーケースです。

色々探してあれこれ買って、一周回って結局純正に落ち着きました。

でもいいんです。この純正ボディーケースとても良くできています。さらによくできているだけでなく、見た目も程よくレトロで超好み

α6400ってそもそもがレトロなレンジファインダースタイルのカメラなので、こういう感じのレザーケースとの相性は抜群なんですね。

お値段はケースにしてはちょーっと高いですが、このレトロなスタイルに惹かれる方には是非手に入れて欲しいケースです。

α6400におすすめのカメラケースはこれ!
created by Rinker
ソニー(SONY)
¥4,755 (2022/10/02 07:21:14時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ソニー(SONY)
¥4,754 (2022/10/02 07:21:14時点 Amazon調べ-詳細)

ソニー「LCS-EBE」のおすすめポイント

とにかく見た目がカッコイイ

繰り返しになりますが、α6400は昔のレンジファインダーカメラを彷彿とさせるデザイン(一眼レフのようなペンタ部、ファインダーの突起がない)なので、レザーケースとの相性は抜群です。

個人的にこのレトロ感は大好きで、正直首から下げているだけでも気分がアガります。

もちろんカメラは撮ってナンボだとは思いますが、見た目も重要ですからね☆

確かに見た目も重要だね

ケースを付けたままでも充電やSDカードの出し入れが可能

さすが純正だけあってバッテリーの交換もケースをつけたままできるようになっている

この「LCS-EBE」はソニー純正なだけあって、見た目だけでなく実用性もしっかり考えてデザインされているのが嬉しいポイントです。

この手のケースは装着するために底面の三脚用のネジを使うので、脱着には多少手間がかかる上に、バッテリーやSDカードを取り出すためにはいちいちケースを外さないといけないものもあります。

しかし、このソニー純正ボディーケースはその点も考えられていて、ケースを装着したままバッテリーとSDカードを出し入れすることができるのでとても便利です。

すごい!ケースが開くようになっているんだ

ケースを付けたままでも充電が可能

もちろん充電もケースをつけたまま問題なくできる

このケース、バッテリーやSDカードだけでなく、サイドも開閉式となっているので、USB充電もケースを付けたままで行うことができます

自分はα6400を買って割とすぐにこのレザーケースを装着しましたが、実際今までケースをつけたままで困ったことはまだ一度もありません。

この辺りはさすがソニー純正といったところですね

背が高くなるので持ちやすくなる

ケースの分下に約1cmグリップが延長されるので握りやすくなる

このボディケースは取り付け用の三脚ネジが本体から飛び出さないデザインとなっているので底面がぶ厚く、取り付けるとα6400の背が約1cm高くなります。

もちろんこれは若干のデメリットでもあるのですが、それよりも1cm高くなるおかげで握りやすくなるというメリットの方が大きいでしょう。

この1cmのおかげでいままで遊びがちだった小指までしっかりとグリップに指がかかるようになり、しっかりと握ることができるようになります。

こればっかりは実際に持ってみないと伝わらないと思いますが、特に男性だとホールド感は雲泥の違いです

ソニー「LCS-EBE」のがっかりポイント

ちょっと高い・・・

この機種にしか使えない専用品にこの値段は自分にはちょっと痛かった

このケース、自分的には完璧でケチを付けるところは全くありません。ただ、一つあえて挙げるとすれば値段が高いというところでしょうか。

この記事を書いている時点での情報ですが、定価が6468円(税込み)でアマゾンで5000円ぐらいで売っています。

もちろん5000円が高いか安いかは人によって違うと思います。上でも書いていますが製品そのものは非常によく、自分は買ったことを後悔は全くしていません。

確かにカメラに10万近い出費の後だからなぁ・・・

当然だけど、露出部分はガードされない

天面と背面はほぼノーガードなので傷防止のためには何か他の対策が必要

いやこれをもうがっかりというのは違うとは思うんですけど、ケースで保護されていない部分は当然のことながら何の防御力もありません。

特に背面と天面はほぼ丸見えの状態なので、この状態で無造作にカバンに突っ込むのはあまりにもワイルドが過ぎると自分では思ってしまいます。

あれ!?これ後ろ半分はケースが無いんだね!

そうなんですよ!結局グリップ向上と見た目カッコイイだけであんまり傷防止にはならないんですよね。

結局のところ、このケースは見た目重視な所があるので、カバンにしまうにはソフトケースやインナーバッグなどを別で用意する方がよいでしょう。

スポンサーリンク

α6400のおすすめケース② HAKUBA ChululuカメラケースS

で、結局このスタイルに落ち着きました
で、結局これも使ってます

で、結局α6400はボディーケースをつけたまま、ちょっとした外出はこのHAKUBAのケースに入れて持ち歩くようになりました。

このハクバのソフトケース、もともとは別のカメラのために買ったものですが、α6400 with レザーケース状態でもすっぽり収まるので大変重宝しています。

ボディーケースを付けた状態でも十分に収容できます

まぁ結果としてケースinケース状態になってしまっている訳ですが、特に不便がなく、なによりボディケースを付けたまま問題なく入るので、自分としては大満足です。

これなら傷もつかないからカバンにいれても安心だね

HAKUBA ChululuカメラケースSのおすすめポイント

ポケットがあるので便利

ポケットもあるのでクリーニングクロスなどを入れておける

このソフトケースですが、よくあるソフトケースと違い「箱型」です。

そしてケース内部にはこのような簡単なポケットがあり、レンズクロスやレンズキャップなどを収納しておくことができます。

ちょっとしたお出かけでα6400に標準レンズだけで出かける時など、このソフトケースだけで出かけられるのでとても便利です。

クリーニングクロスはカメラケースに常備しておくとイザという時に役に立つので、こういう感じのポケットがあるのは助かりますね

フタがマジックテープではなくマグネットなので静か

丸い縫い目の部分にマグネットが仕込んである

さらにフラップはよくあるマジックテープではなくマグネットが使われているので、開閉時にいちいちベリベリ音がしないのもGOODですね。

静かな所であのベリベリ音をさせるのは気が引けるので、静かにカメラを出し入れできるのは嬉しいですね

α6400には他にもこんなカメラケースがおすすめ!

スポンサーリンク

α6400のおすすめケース③ ソニー純正インナーボックス

今日は望遠レンズも一緒に持ち出して撮るぞ!という時におすすめなのが、このインナーバッグタイプのカメラケースです。

皆さん外出時にカメラをどのように持ち出していますか?

カメラ専用のカメラバッグというのも売られてはいますが、どうしてもデザインに偏りがあってなかなか悩みどころかもしれません。

そんな場合、既に持っているお気に入りのカバンやリュックにこのインナーバッグを押し込むだけで、カメラバッグとして使うことができます。

α6400におすすめのインナーバッグはこれ!

今回α6400のために用意したのはこのソニー「LCS-BBK」というインナーバッグです。

このインナーバッグ、ソニー純正の割にはそこまで高くはありません。

でもやはり純正なのでサイズ感や造りはよくできているので、これからインナーバッグを買う人にはオススメです。

ソニー「LCS-BBK」のおすすめポイント

ポケットが多くて使いやすい

バッグの内側に一つと前面に2つ、両サイドに1つずつの計5つのポケットがある

ソニー「LCS-BBK」の一番のオススメポイントは、他のインナーバッグと比べて圧倒的に収納ポケットが多いところです。

カメラを持ち出す時って、カメラとレンズの他にも、クリーニングクロスやSDカード、予備のバッテリーなどと色々アクセサリー類など、一緒に持っていきたい物が結構ありますよね。

その点このケースは外と中に合計5つものポケットがあるので、アクセサリーの他レンズキャップなどの入れ場所に困ることはありません。

このあたり、やっぱりソニーだけあってよく考えられてるなぁと思います。

インバッグなので外側のポケットがとても使いやすいですね。自分の知る限りインナーバッグでこれほどポケットがあるものは他にありません

しっかりとフタが閉められるので、大きいカバンの中でも安心

もう一つ気に入っているポイントは、ちょっと地味ですがフタがちゃんとファスナーで閉まるところです。

個人的に荷物が多い方なので、いつもちょっと大きめのカバンにいれて持ち歩くのですが、フタが無いインナーバッグだといつの間にか他のものがインナーバッグのなかに紛れ込むことがあるんです。

固いもの(スマホとかモバイルバッテリーとか)がいつの間にかカメラと擦れて傷になったらもうケースの意味がありませんが、移動中は蓋を閉じておけばそんな「事故」も防げるので安心です。

カメラを使わない時はフタを閉めておけば、バッグの中でスマホとか鍵とかで傷が付くのを防げるね

ソニー「LCS-BBK」のがっかりポイント

レンズポーチは脱着できるが単体としては使えない

この「LCS-BBK」の特徴の一つとして、レンズポーチが独立しており脱着可能だという点があると思います。

ただ、このレンズポーチ部分ですが、肝心のクッションが下半分にしか入っていません

なのでインナーケース本体に装着している時は大丈夫ですが、単体で使おうと思うと耐衝撃性にかなり不安が残りますので、その点は残念です。

取り外しはできてもこのバッグ専用だと思った方がいいね

α6400には他にもこんなインナーバッグがおすすめ!

α6400におすすめのインナーバッグはこれ!
スポンサーリンク

まとめ:ケースやバッグで個性を出そう

いかがだったでしょうか。カメラ用のバッグやケースは地味な物や見た目より実用重視なものが多いように思います。(悪い事ではありませんが)

ですが、そのなかにも個性的なものがあったり、インナーバッグを使えばかばんは好きなものを選べるなど、個性を出す余地は結構ありそうです。

個人的にはカラバリとかデザインとかで、もっといろいろなものが出てくれればなぁと思っていますが、これからに期待したいと思います。

この記事が皆さんの参考になれば嬉しく思います。最後まで読んで下さってありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました