このエントリーをはてなブックマークに追加

α6400/α6600用SDカードのおすすめ3選【比較テスト有】

α6400とSDカードの画像 カメラアクセサリ

う~ん、よくわかんないなぁ・・・

真剣な顔でどうしました??

新しいSDカードを買おうと思うんですけど、種類が多すぎてどれを買えばいいのかわからないんです。値段もすごい差があるし・・・

SDカード選びって確かにちょっと難しいですよね。じゃぁ一緒にα6400/α6600にぴったりのSDカードを選びましょう!

この記事ではソニーα6400/α6600にぴったりなおすすめのSDカードを紹介しています。

さらにおすすめだけでなく、SDカードの性能を見方などについてもなるべく簡単に説明しています。

また記事の下の方では、実際にα6400とおすすめSDカードを使ってどのくらいの性能差があるのかの実験もしていますので、是非最後まで読んで頂ければと思います。

この記事でおすすめしているSDカードは全て実際に購入したものです!

スポンサーリンク

結論:α6400/α6600は「ほどほど」のSDカードでOK!

α6400とSDカードの画像

SDカードってよくわかんないんだけど、やっぱり高いものにしておいた方がいいのかなぁ・・・

そんなことはありませんよ。α6400/α6600は高いSDカードを入れても仕様上の制約があるので「ほどほど」のもので十分です

現在主要なSDカードには「UHS-I」と「UHS-II」の二つの規格があり、「UHS-II」対応のSDカードはちょっと高価ですがより高速な書き込み/読出しに対応しています。

しかし、実はソニーα6400/α6600はその「UHS-II」のSDカードには対応しておらず、高価な「UHS-II」カードを使用しても全て下位の「UHS-I相当」として扱われてしまう(使えるのは使える)ので、敢えて選ぶ意味はありません。

高いのを買っても性能を発揮できなかったら意味ないよ

つまりソニーα6400/α6600で使うSDカードは1万円以上もする高価なものは必要なく「ほどほど」の価格のもので十分ということになります。

具体的には「UHS-I」と「UHSスピードクラス3」の両方に対応しているものの中から選べば間違いありません

もし連写や4K動画を撮らないのであれば、さらに下位の「UHSスピードクラス1」のものでも良いぐらいです。

この辺りは自分の撮影スタイルや予算の都合で決めればOKでしょう。

この記事の下の方で実際にα6400を使ったSDカードの比較テストをしているので、良かったら見ていって下さいね

スポンサーリンク

α6400/α6600におすすめのSDカード3選

α6400とSDカードの画像

まずはおすすめSDカードを紹介しますね。そのあとで、α6400/α6600のSDカードの規格や選び方などを解説します。

では、早速ですがおすすめSDカードを紹介します。

おすすめ1 サンディスク Extreme SDXC 64GB

おすすめ第一位バナー
α6400/α6600におすすめのSDカード①

スナップ撮影 ★★★★★5 最適
4K動画撮影  ★★★★★5 最適
RAW連写  ★★★★★5 最適

ソニーα6400/α6600におすすめのSDカードの第一位は「サンディスク Extreme」です。

詳しくは後述しますが、α6400/α6600で4K動画を撮影する時に必要な最低書き込み速度をクリアする「UHSスピードクラス3」に対応しているので、4K動画もOKです。

さらにこのα6400/α6600で使用する分には、さらに上位のExtreme Proとの体感上の違いは全く感じません。恐らく現時点でコスパが最も優れているんじゃないかと思います。

容量はお好みですが、64GBもあれば普通は使い切ることはないでしょう。

価格が安いので、メインのSDカードだけでなく予備にもおすすめ☆

おすすめ2 サンディスク Extreme Pro SDXC 64GB

おすすめ第2位バナー
α6400/α6600におすすめのSDカード②

スナップ撮影 ★★★★★5 最適
4K動画撮影  ★★★★★5 最適
RAW連写  ★★★★★5 最適

ソニーα6400/α6600におすすめのSDカードの第二位は「サンディスク ExtremePro」です。

先ほどの「Extreme」の上位版に当たり、α6400/α6600が対応する「UHS-I規格」のSDカードでは実質最上位のクラスのSDカードとなります。

が、しかし!このあとテストしていますが、α6400で使う分にはおすすめ1位の「Extreme」との具体的な性能差は現れませんでした

そろそろUHS-IのSDカードは性能が上限に近づきつつあるのかもしれませんね。

とはいえこのサンディスク「Extreme Pro」は長年プロカメラマンにも愛用されるなど、信頼あるグレードです。きっと数字に表れない所にも「Pro」的な何かがちりばめられているに違いありません。(苦しい)

自分もメインはこの「Extreme Pro」を使っています。「Pro」のラベルにこだわる人に是非☆

おすすめ3 サンディスク Ultra SDHC 32GB

おすすめ第3位バナー
α6400/α6600におすすめのSDカード②

スナップ撮影 ★★★★★5 最適
4K動画撮影  ☆☆☆☆☆0 非推奨
RAW連写  ★★☆☆☆2 可能

ソニーα6400/α6600におすすめのSDカードの第三位は「サンディスク Ultra」の32GBです。

この「Ultra」ですが、実はα6400/α6600で4K動画の撮影に必要な最低書き込み速度にわずかに性能が足りませんが、その分価格は抑えられています。

なので、「連写はあまりしない、4K動画も撮らないのでなるべく安い方がいい!」という人におすすめです。

容量についてはα6400/α6600は32GBのSDカードで1600枚程撮れるので(JPG&エクストラファイン)日帰り旅行位なら十分でしょう。

決してハイスペックなSDカードではありませんが、用途を絞るなら十分に使えます。

お値段重視の人に是非☆

スポンサーリンク

α6400/6600が最低必要とするSDカードの性能を調べる

α6400とSDカードの画像

SDカードってたくさんあるけど、どうしてこの3つがおすすめなんですか?

α6400/α6600のSDカード関連の仕様を調べれば「だいたいこれくらいの性能」のSDカードが必要だということがわかるんですよ

ではここからはSDカードの規格とα6400/α6600の仕様を調べて、α6400/α6600にぴったりのSDカードの見分け方を調べてみましょう。

これがわかれば紹介したおすすめSDカード以外でも、自分で好きなSDカードを選ぶことができるようになります

α6400/α6600のSDカードスロットはUHS-I対応

α6400/α6600のSDカードの仕様表

まずはα6400/α6600のカメラ本体の仕様から確認しましょう。

上はソニーの商品ページですが、SDHCやSDXCの欄に「UHS-I対応」の表記がありますね。

ハイアマチュアやプロ向けのカメラの中には、より高速な「UHS-II対応」しているのが普通ですが、このα6400/α6600はUHS-IIには対応していない(使えるが性能が出ない)、ということがわかります。

UHS-IとUHS-IIの解説画像

え!?UHSのIとIIって全然形が違うんですね!これは間違えたら大変だ

それがそこまでではないんです。実はα6400/α6600のようなUHS-I対応のカメラでもUHS-IIのSDカードは使えるんです。但し性能はUHS-I相当に落ちてしまいます

頑張って値段が高いUHS-IIのSDカードを奮発しても、私のα6400で使う分には性能を出し切れないということなんですね

では、UHS-IにもUHS-IIにも対応していないとても古いSDカードは使えるのでしょうか?

このUHSインターフェース規格は下位互換と呼ばれるものなので、仕様上は古い規格のものでも問題なく使うことができます。

しかし、さすがにUHS規格以前のものだと容量が小さすぎる(2GBとか4GBとか・・・)ことがほとんどなので、撮影可能枚数などの点で実用的ではないでしょう。

以上の点を踏まえるなら、ソニーα6400/α6600には「UHS-I対応」のSDカードを用意するのが最善です。

ポイント
  • α6400/α6600は「UHS-II」非対応なので「UHS-I」のSDカードを選ぶ
  • 「UHS-II」のSDカードも使えるが性能が出ないのでもったいない
  • UHS-I以前の古いSDカードも使えるけど容量的に厳しい

さらにα6400/α6600の4K動画撮影に必要な書き込み速度は「12.5MB/秒」以上

α6400/α6600のSDカードの仕様表

では次にソニーα6400/α6600に必要な書き込み速度を調べましょう。

上はα6400の4K動画撮影時の仕様ですが、ビットレートが「約100Mbps」と記載されていますね。

これは簡単に言うと「このカメラは4K動画を撮る時に1秒間に約12.5MB(メガバイト)のデータが発生しますよ」という意味です。

つまり、α6400/α6600の動画機能をフルに使うためには、これに合わせた最低書き込み速度が「12.5MB/秒以上」のSDカードを用意する必要があるということになります。

100Mbpsと12.5MB/秒の変換式

MB=Mb ÷ 8

「B」はバイト、「b」はビットの略で「1B(バイト)=8b(ビット)」
100Mb(ビット)÷8=12.5MB(バイト)
「ps」と「/秒」は同じ意味

なので100Mbps(100メガビット/秒)は12.5MB/秒(12.5メガバイト/秒)になります

難しいですね!!

ちょっとよくわからないです・・・

正直ここは分からなくても全く問題ありません。4K動画は大量のデータが発生するので、そこそこの書き込み性能のSDカードを買わないといけない、というだけの話なんです

じゃぁα6400/α6600に必要な「そこそこの性能(12.5MB/秒?)」をクリアするSDカードってどうやって見分けたらいいんですか?

「UHSスピードクラス」というのを見ればわかります。では、ここからは実際にSDカードを見ながらα6400/α6600にぴったりなSDカードの規格を見てみましょう

ポイント
  • α6400/α6600で一番SDカードの性能が必要になるのは4K動画撮影
  • α6400/α6600の4K動画撮影には「12.5MB/秒」の書き込み性能が必要
  • 実はSDカードは書き込み速度の性能がすぐにわかるようになっている
スポンサーリンク

α6400/α6600にぴったりのSDカードの選び方

α6400とα6600のSDカード選び方解説画像

ここまでで、ソニーα6400/α6600用には「UHS-I」&「書込み速度が12.5MB/秒以上」のSDカードが必要である、ということがわかりました。

ではここからは実際にSDカードを見ながら「SDカードの選び方」を見て行きましょう。

SDカードってたくさんあるからわかるかなぁ・・・

見るところは二つだけなので大丈夫ですよ!

SDカードの書き込み速度は「UHSスピードクラス」を見れば一目瞭然!

UHSスピードクラス解説画像

先ほど調べたようにソニーα6400/α6600は「UHS-I」対応です。しかしこの「UHS-I」や「UHS-II」という表記はただの規格を表しているだけなので、この表記だけでははっきりとした書き込み速度の性能を知ることはできません。

たくさんあるSDカードの性能を一枚一枚性能をいちいち調べるのは手間ですよね。

それで、実際のSDカードの書き込み速度をわかりやすく表すためにできた規格がこの「UHSスピードクラス」と呼ばれる規格です。

既に出てきた「UHS-I、UHS-II」と、この「UHSスピードクラス」は名前が似ていますが全く別のものなので気を付けましょう

現在この「UHSスピードクラス」には1と3の2種類があり、「UHSスピードクラス1」は書き込み速度10MB/秒以上、「UHSスピードクラス3」は書込み速度30MB/秒以上の性能が保証されていることを示しています。

ポイント
  • SDカードの書き込み速度は「UHSスピードクラス」で2つに分類されている
  • 「UHSスピードクラス1」は書込み速度が10MB/秒以上であることを保証
  • 「UHSスピードクラス3」は書込み速度が30MB/秒以上であることを保証

このUHSスピードクラスには1と3があって、α6400に必要な書き込み速度は12.5MB/秒以上だから・・・?

α6400/α6600用のSDカードは「UHSスピードクラス3」がベスト

α6400/α6600のSDカードの選び方説明画像

ソニーα6400/α6600の4K動画撮影時に必要な書き込み速度が12.5MB/秒であることを考えると、「UHSスピードクラス1」だとわずかに性能が足りませんね。

つまり、α6400/α6600の性能をフルに発揮させるためには、書き込み速度の条件をクリアしている「UHSスピードクラス3」のSDカードを選ぶのが最善、ということになるのです。

わかりました!α6400には「UHSスピードクラス3」に対応しているSDカードを選んだらいい、ってことですね

その通りです

もちろん、ソニーα6400/α6600で「UHSスピードクラス1」のSDカードが使えないという訳ではありません。

あくまでも4K動画撮影に必要な書き込み速度に僅かに足りない、というだけなので、その他の例えばフルHD動画や普通の写真撮影などには十分に使用できます。

しかも、実際にはUHSスピードクラス1のカードでも性能面でマージンを取っている可能性もあるので、案外12.5MB/秒ぐらいの性能はクリアしているかもしれません。

しかし、やはり4K動画を撮るならきっちりと規格で対応している「UHSスピードクラス3」のSDカードを選ぶのが安心でしょう。

ソニーの商品ページでも4K動画を撮る場合はUHSスピードクラス3が推奨されています

ポイント
  • α6400/α6600のSDカードは「UHS-I」で「UHSスピードクラス3」のものを選べばOK
  • 「UHSスピードクラス1」だとほんのわずかに性能が足りない
  • 「UHSスピードクラス1」でも4K動画が撮れる可能性は無くはないけど自己責任で!

容量は最低でも32GB以上を選ぼう

α6400とSDカードの画像
  撮影可能枚数/時間
  32GB 64GB 128GB
写真(JPG) 3300枚 6600枚 13000枚
写真(RAW) 1200枚 2400枚 4800枚
写真(JPG+RAW) 880枚 1750枚 3500枚
動画(4K) 35分 1時間15分 2時間30分

では次に容量を選びましょう。上の表はソニーが公開しているα6400/α6600での撮影可能枚数の抜粋です。

32GBのSDカードで4K動画を撮影した場合、たったの35分で一杯になってしまうので、動画をよく撮る人であれば最低でも64GB、できればもっと大きい128GBのカードを用意すれば安心です。

一方でJPG(ファインの場合)だけなら32GBでも3000枚以上撮ることができるので、32GBか余裕をみても倍の64GBで十分すぎる位でしょう。

私は動画は撮らないから64GBもあれば十分だね

最近はSDカードはかなり安くなっているので、256GBといった超大容量のものも割と現実的な価格で手に入れることができます。

しかし、SDカードは壊れる可能性もあります。もし旅行先でSDカードにエラーが出て予備のカードを持っていなければどうしようもないですよね。

なのでよっぽど動画を長回しする人でなければ、256GBのSDカードを1枚買うよりも128GBを2枚や64GBを4枚といった感じで複数所有することをおすすめします。

ポイント
  • 容量はお好みで、おすすめは64GB
  • SDカードも壊れることがあるのでなるべく複数持っておいた方が安心

SDカード選びの注意点

SDカードの解説画像

SDカード選びの注意点としては、SDカード上の「印刷されている転送速度の表記で選ばない」という点です。

実は、このSDカード上に表記されている転送速度には決められたルールや規格がないため、各メーカーがそれぞれ独自に計測した数字を記載しています。

しかも大抵記載されるのは大きい数字が出やすい「最大読込み速度」です。

「最大読込み速度」「最大書込み速度」「最低書込み速度」この3つは言葉は似ていますが全く違う意味なので注意しましよう

しかし、カメラ用のSDカードで重要なのは「最低書き込み速度」なので、どれだけ読込みの速度が速くても、書き込み速度がわからなければ選びようがありません。

実際に読込み速度はとても早くても、書き込み速度はそうでもない、というSDカードもあるので、このメーカー独自の数字の記載はあまり参考にならないのです。

なので、カメラ用のSDカードを選ぶ際は、SDカード共通の書き込み速度の表示ルールである「UHSスピードクラス」のマークを参考にするようにしましょう。

最低書き込み速度が30MB/秒のサンディスクExtremeも、カード表面には170MB/秒との表記があるのでちょっとまぎらわしいですね

ポイント
  • 表面に書いてある170MB/sみたいな大きい数字は全て「読込み速度」なので関係ない
  • カメラに関係があるのは「書込み速度」なので間違えないように
スポンサーリンク

α6400でおすすめSDカードの性能の違いを実際にテストしてみた

α6400とSDカードの画像

では実際に紹介した3枚を使って性能の違いをテストしてみましょう。

α6400にそれぞれのSDカードを入れて「バッファフル(*)」まで連写し、そこから書き込みが終わるまでの待ち時間を計測しました。

*バッファフルとは・・・
デジカメの写真は撮ったらすぐにSDカードに入る訳ではなくて、一旦本体内の「バッファ」と呼ばれる一時メモリーに収納されてから、順番にSDカードに書き込まれます。

連写などSDカードの書き込みよりも早いペースで写真を撮り続け、バッファが一杯になってそれ以上撮れなくなった状態を「バッファフル」と言います

理屈の上では書き込み速度が早いSDカードとそうではないSDカードでは書き込み待ち時間に差が出るはずです

書き込みが早く終わったSDカードが高性能ってことですね!

そのとおりです

簡単ではありますが実際の性能が現れるテストです。それでは早速結果を発表しましょう。

テスト結果(秒数が短い方が高性能)

1位(同着) サンディスク Extreme Pro・・・約42秒
2位(同着) サンディスク Extreme・・・約42秒
3位 サンディスク Ultra・・・約66秒

なんとExtremeとその上位の(はずの)Extreme Proの書込み時間が全く同じという予想外の結果になりました!

この二枚には書き込み性能の違いがほとんどないのか、またはα6400/α6600での使用においてのみ、差が出ないのかはわかりません。

しかし、少なくともα6400/α6600においては値段が高い(といっても僅かですが)Extreme Proを性能面で期待して選ぶ理由はあまりない、と言えるでしょう。

1位と2位の書込み時間が全く同じですね。これはこの二枚は実は性能が変わらないということなんでしょうか

このテストではそこまではわかりませんが、いずれにしてもα6400/α6600ではこれ以上の書込み時間の短縮は難しそうですね

それに対して3位のUltraはExtremeとかなり大きな差ができてしまいました。

シャッターチャンスを前に書込み待ちで待たされるのはかなりのストレスなので、ある程度連写をする人はここは素直にExtremeにしておいた方が安心ですね。

スポンサーリンク

さらにα6400でUHS-IIのカードも使ってみた

α6400とSDカードの画像

では次に、α6400にUHS-IIのSDカードを使ってみて、本当に性能が出ないのかどうかを試してみましょう。

比較に使うのはおすすめ1位の「サンディスクExtreme」と、高価格&高性能なUHS-IIに対応しており、書き込み速度がサンディスクExtremeの倍の60MB/秒を誇る「Prograde Digital GOLD 250R」です。

テスト方法は上と同じくバッファフルになるまで連写して、書き込みにかかる時間を計測します。本来の性能が発揮されれば「Prograde Digital GOLD 250R」はExtremeの倍ぐらいのスピードで書き込みができるはずですがどうでしょうか。

テスト結果(秒数が短い方が高性能)

サンディスクExtreme(UHS-I)・・・約42秒
Prograde Digital GOLD 250R(UHS-II)・・・約42秒

あれ!UHS-IIなのに全く速度が出てないですね

仕様通りですね。これでα6400/α6600にはUHS-IIのSDカードを使っても意味がない、ということがわかりましたね

予想通り高いSDカードを使っても全くその性能が発揮されていません。

これはα6400/α6600の仕様としてUHS-IIに対応していないので当然の結果と言えます。

他にUHS-II対応のカメラを持っていてSDカードを併用する場合などを除いて、α6400/α6600で高価なUHS-II対応のSDカードを使うメリットは全くないので注意しましょう。

スポンサーリンク

まとめ:α6400/α6600の性能を引き出すために、最適なSDカードを選ぼう

α6400とSDカードの画像

いかがだったでしょうか。α6400/α6600はUHS-IIに対応していないので、SDカード選びはシンプルな方かもしれません。

しかし、その中でもExtreme Pro とExtremeの性能差が出なかったのは意外でした。

個人的にもこの記事を準備しながら、改めてスペックだけで選んではいけないことを再確認することができて良かったです。

この記事が皆さんのお役に立てれば嬉しく思います。最後まで読んで下さってありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました