当サイトは各種アフィリエイト広告による広告収入を得ています

このエントリーをはてなブックマークに追加

目指せ脱初心者!EOS R50の一歩進んだ使い方と設定【実践編】

eosr50操作方法

こんにちは!カメラ歴15年、カメラ総購入台数25台のNEKO(ねこ)です!

キヤノンEOS R50には「シーンインテリジェントオート」という初心者に嬉しい全自動撮影モードがありますが、慣れてくると「簡単機能ばっかりじゃなくて、もっと本格的にEOS R50を使えるようになりたい!」と思うかもしれません。

この記事ではある程度EOS R50での撮影に慣れてきた人が、さらなるステップアップのためにマスターしたい「一歩進んだ操作や設定、カスタマイズ」を説明しています。

紹介している設定や撮り方は、全て自分で実践しているものなので是非参考にしていただければと思います。

この記事の内容がマスターできれば余裕で中級者の仲間入りですよ!焦らずに頑張りましょう

尚、「初めての本格的な一眼カメラとしてEOS R50を手に入れたばかりだ」、「カメラの操作は全くの初心者だ」という人は先に超初心者編のコチラから見ることをおすすめします。

↓↓「完全初心者」の方はコチラの方からマスターしましょう↓↓

CANON EOS R50の使い方とおすすめの撮り方【超初心者向け】
この記事では「初めて本格的なミラーレス一眼を手に入れた」という初心者の方向けにキヤノンEOS R50の基本的な使い方と撮り方を説明しています。なるべくわかりやすく説明していますので、是非一眼ならではのカッコイイ写真を撮って欲しいと思います。
NEKO(ねこ)

こんな人が書いてます

・ウェブライター
・カメラ歴15年
・総購入カメラ25台
・総購入レンズ45本
・元量販店カメラ担当
・カメラサークル代表
・好きな写真家は森山大道

「カメラを買った人」から「写真が趣味の人」へをモットーに、初心者に寄り添ったわかりやすい解説記事を目指します!

↓↓インスタも見てね↓↓

NEKO(ねこ)の投稿をチェック

☆↓↓当サイトのEOS R50関連の他の記事↓↓☆

スポンサーリンク

EOS R50を使いこなすための操作を覚えよう

副見出しタイトル画像

まずはEOS R50を使いこなすために必要なダイヤル類の説明です。知っている人は飛ばしちゃってくださいね

モードダイヤル

EOSR50モードダイヤル説明画像

ファインダーの右にあるのが「モードダイヤル」と呼ばれるダイヤルです。

多くの人は最初はこれを「A+」(シーンインテリジェントオート)に合わせて撮ることから始めたと思いますが、これだとかなりの部分をカメラに任せることになり、自分で操作する余地があまりありません。

<EOS R50のモードダイヤルの主な内容>

EOSR50モードダイヤル設定内容一覧

それで、EOS R50を使いこなすためにはそろそろこの「A+」(シーンインテリジェントオート)を卒業してまずは「P」を、そして最終的には「Av」や「Tv」も使えることを目指していきましょう。

とはいえ「Av」や「Tv」を使うにはカメラの露出についてのある程度の知識が必要になるので、とりあえずは特に知識が無くても使える「P」に合わせておいてください。

まずは一番簡単な「P」モードを使えるようになりましょう

電子ダイヤル

EOSR50電子ダイヤル説明画像

電子ダイヤルとは、シャッターボタンの手前にあるギザギザが付いたダイヤルのことです。

この電子ダイヤルはモードダイヤルによって割り当てられる項目が変わりますが、主には絞りやシャッタースピードを変更する時に使います。

カメラを構えた状態で人差し指を使って、左右にカチカチと回せるように練習をしておきましょう。

<EOS R50のメイン電子ダイヤルの内容>

EOSR50電子ダイヤル設定一覧表

実はEOS R50は自由に使えるダイヤルが1つしかないので、絞りやシャッタースピード、露出補正の調整をすべてこの電子ダイヤル1つで行わないといけません。(ボタンで切り替えながら調整する)

方法は後述しますが、付属レンズ先端にある「コントロールリング」もダイヤルと同じように使えるので、露出補正をそれに割り当てると、操作性が改善されるのでおすすめです。

EOS R50を使いこなすためには この電子ダイヤルは必須です。ファインダーを覗きながら自由に回せるように練習しておいて下さいね

コントロールリング

EOSR50コントロールリング説明画像

コントロールリングとはRシリーズで新たに採用された操作システムで、カメラ本体だけでなく、レンズ側にもパラメーターを調整できるリングが装備されました。

EOS R50に付属するレンズのコントロールリングは先端部分に備わっており(ズームの先の永遠に回転する部分がそれです) 、ピント合わせ用リング(ピントリングと呼びます)との共用となっています。

このリングををピント合わせに使うか、コントロールリングとして使うかは設定で切り替えるので、コントロールリングとして使用する場合はマニュアルフォーカスができない、という点に注意は必要です。

自分でピント合わせとかすること無いから大丈夫!

どちらで使うにしても設定しないと使えないので、あとで具体的な設定方法を説明しますね

☆↓↓当サイトのEOS R50関連の他の記事↓↓☆

次ページ>> EOS R50のおすすめ設定とカスタマイズ

NEKO(ねこ)

こんな人が書いてます

・ウェブライター
・カメラ歴15年
・総購入カメラ25台
・総購入レンズ45本
・元量販店カメラ担当
・カメラサークル代表
・好きな写真家は森山大道

「カメラを買った人」から「写真が趣味の人」へをモットーに、初心者に寄り添ったわかりやすい解説記事を目指します!

↓↓インスタも見てね↓↓

NEKO(ねこ)の投稿をチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

操作方法
この記事が「役に立った」と感じたらシェアお願いします
NEKO(ねこ)の投稿をチェック
digi-cam.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました