このエントリーをはてなブックマークに追加

ミラーレスと一眼レフ、あなたにはどっちがおすすめ!?

一眼レフかミラーレス デジカメ

これからデジカメを始めようという皆さん、また、そろそろ新しいデジカメが欲しいなーという皆さん、次のように悩んでいませんか?

・ミラーレスと一眼レフってどう違うの?
・撮るものによると言われても、よくわからない・・・
・安い買い物ではないし、失敗したくない・・・

悩みますよね。

見た目は一眼レフの方が大きくてしっかりしていて、いかにも良い写真が撮れそうです。でも、小さくておしゃれなミラーレスも捨てがたい・・・。

それでこの記事では、

・ミラーレスと一眼レフの違い
・撮りたいもの別、ミラーレスと一眼レフの向き不向き
・あなたに合ったカメラはどっち?

を、なるべくわかりやすく紹介します。
ミラーレスと一眼レフの間で迷っている方は是非参考にしてみてください。

結論:これから買うならミラーレスがおすすめ!

ミラーレスカメラの画像

よく言われる「動き物には一眼レフ」は既に過去の話になりつつあります。
もちろん、撮るものによっては今だ一眼レフが向いているのは事実です・・・が!
これから買うならほとんどの人はミラーレスの方が良い!と言えるでしょう。

その理由をこれから説明します。

ミラーレス一眼を選ぶポイントをまとめました。詳しくはこちら

ミラーレス一眼の選び方 初心者がチェックするポイントはここ!
ミラーレス一眼を買おうと思っても機種が多すぎてどれを選んだらわからない!自分に合ったミラーレスを選ぶポイントを、初心者にもわかりやすく説明します。これからミラーレスを買おうと思っている人、ミラーレスのことを詳しく知りたい人は是非ご覧ください。

ミラーレスと一眼レフの違い(構造編)

まず始めに、そもそも「ミラーレス」と「一眼レフ」がどのように違うのか、説明します。

「難しそうなことはいいから、手っ取り早くどっちがおすすめなのか教えてよ!」って方は次の特徴編まで読み飛ばしてもらってもOKですよ!

「光学ファインダー」が有るのが一眼レフ

 

一眼レフの構造

「ファインダー」とは、写真を撮るときに覗く窓のことです。

一眼レフはレンズを通して見える景色を、ボディ内のミラーボックス(鏡)で反射させて直接ファインダーから見る方式です。

実は一眼レフの「レフ」とは、英語の「レフレックス(反射)」から来ていますので、ミラーレスは「ミラーレス一眼」と呼ばれることはあっても、「ミラーレス一眼レフ」と呼ばれることはありません。

一眼レフは、ボディ内の鏡を通して直接景色を見る方式のカメラ

ミラーレスは電子ビューファインダー

ミラーレスの構造

ミラーレスは文字通り「ミラー(鏡)」を廃止したカメラです。

もちろんそのままではファインダーが使えないので、代わりに「電子ビューファインダー」と呼ばれる小さい液晶モニターをファインダーの奥に設置して、一眼レフと同じように扱えるようにしています。

さらにミラーレスにはファインダーを省略して、背面の液晶モニターだけで撮影するタイプもあります。

ミラーレスは、液晶画面を通して景色を見る方式のカメラ

ミラーレスと一眼レフの違い(特徴編)

では次は、もっと具体的な一眼レフとミラーレスの違いについて見てみます。それぞれに得意分野と苦手分野がありますので、自分にあったカメラを選びましょう。

ミラーレスの利点

小型、軽量

羽根のように軽い

ボディ内に光学ファインダー用のミラーを必要としないため、小型軽量です。

顔認証AF・瞳AF(オートフォーカス)がとっても便利

瞳AFが作動している画像

機種によりますが、自動で顔や目にピントを合わせるといった、従来の一眼レフでは構造的に難しかった便利な機能が搭載されています。

画像処理された映像を見ながら撮るので、フィルターなどの効果がわかりやすい

アートフィルター適用中の画像

最近はスマホでもいろいろなフィルターをかけて撮影することがありますよね。ミラーレスならスマホと同じように、フィルターの効果を実際に確かめながら撮ることができるので、失敗を減らすことができます。

<ミラーレスの利点>
とにかく小さくて軽い!
人の顔に自動でピントを合わせてくれるから失敗が少ない

ミラーレスの弱点

予備バッテリーは必須

バッテリーが減る画像

撮る瞬間だけでなく、カメラを構えている間中ずっとセンサーや液晶画面を起動しておく必要があるミラーレスは電気を沢山使います。ですから一眼レフと比較して大体3倍近く早くバッテリーを消費します。

動いている物にピントを合わせるのは苦手

ピンボケ写真画像

これは機種によりますが、特に入門機クラスでは動いている物を苦手とするオートフォーカス(ピント合わせ)の方式を採用している物があります。

しかし最近では、これらの弱点を克服して一眼レフと同等のオートフォーカス性能をもったミラーレス一眼も続々と登場しています。

ほとんどの一眼レフがミラーレスに置き換わる日も、そう遠くないのかもしれません。

メーカーやシリーズによっては、交換レンズがまだ少ない

レンズが少ない画像

メーカーによってはミラーレス対応レンズの種類が少ない場合があります。

わざわざ別売の交換レンズを買うつもりがない人には、あまり関係が無いかもしれませんが、ゆくゆくは色々なレンズを使いたいという人は、あらかじめ使いたいレンズがあるか確認しておく方がよいでしょう。

<ミラーレスの弱点>
バッテリーの持ちが悪い
早く動くものにピントを合わせるのは苦手

一眼レフの利点

超望遠や超広角といった交換レンズが豊富

デジタル一眼レフと交換レンズの画像

一眼レフの歴史はとても長いので、各メーカー共に沢山の対応レンズが販売されています。
また、メーカー純正だけでなくサードパーティー製のレンズもあり、超広角から超望遠まで幅広く選ぶことができます。

ファインダーのタイムラグが無い

ダッシュ画像

画像処理されてから液晶に表示されるミラーレスと違い、一眼レフはレンズを通った景色を直接見ることができますので、原理的にタイムラグが発生しません。野鳥や戦闘機といった高速で動くものを追いかける場合、たった僅かなタイムラグでさえ致命的になりうるのでこの点は重要です。

長年培った信頼性

一眼レフ画像

一眼レフの歴史は長いので、技術的にも安定していて信頼性があります
特に最新機種でも操作がほとんど変わらない場合が多く、それらはプロが好んで一眼レフを使う理由となっています。

<一眼レフの利点>
超望遠や超広角といった交換レンズが豊富
昔から操作がほとんど変わらない

一眼レフの弱点

大きくて重い

重い物の画像

構造編でも触れましたが、ボディの中にミラーボックス(可動式の鏡)を設ける必要があるため、どうしても大きく重くなりがちです。

顔認証AFや瞳認証AFといった最新の機能に対応できない

クラッシックカメラ画像

いつかは一眼レフもクラシックカメラと呼ばれる日が来るのかも

レンズを通った景色をいつも直接見ながら撮る一眼レフは、当然フィルターとかの効果を撮る前に画面で確認することができません。また、顔認証AFや瞳AF(人の顔や目に自動でピントを合わせる機能)も画像処理が必要な機能な以上、一眼レフではできません。

<一眼レフの弱点>
各種フィルターの効果が撮った後でしか確認できない
顔認証AF、瞳AFが使用できない

どちらも同じ点

画質

虫眼鏡で拡大している画像

どちらの方式もイメージセンサーに入った光を記録する、という所は同じなので、「ミラーレスだから綺麗」とか、「一眼レフだから綺麗」ということはありません。画質は、画素数とかレンズとかで決まります。

画質は「ミラーレスか一眼レフか」では決まらない。

どっちがいいの? 撮りたいもの別、徹底比較

次は撮影ジャンル別に、どっちのカメラが向いているのか当サイトが比較してみました。皆さんが撮りたいと思っているジャンルはミラーレス向きでしょうか?それとも一眼レフ向きでしょうか??

日常スナップ

スナップ

ミラーレス ★★★★★
眼レフ  ★☆☆☆☆

散歩しながらとか、ちょっとした日常の風景などは、まさにミラーレスの独壇場。

そもそもカメラを持って出ていることが重要で、重くてかさばる一眼レフは、いざという時手元にない。

ポートレート(人を撮る)

ポートレート

ミラーレス ★★★★★
一眼レフ  ★★★☆☆

これもミラーレスの得意分野。顔認識AFや瞳AFでどんどん撮れる。

一眼レフはキチンと顔や目にピントを合わせるにはそれなりの技術が必要。慣れないうちは微妙なピンボケを量産することも。

自然・風景

自然写真

ミラーレス ★★★★★
眼レフ  ★★★★★

動かない景色を撮る分には、どちらを使っても特に違いは出ない。山歩きなどは、荷物を減らすという意味でミラーレスがやや有利か。

家族・子供

家族写真

ミラーレス ★★★★☆
一眼レフ  ★★★☆☆

小学校の運動会程度は最近のミラーレスなら問題なし。むしろいつでも持ち歩けるサイズであることが重要。

子供の部活が中心なら、競技によっては一眼レフが無難。

テーマパーク

テーマパーク

ミラーレス ★★★☆☆
一眼レフ  ★★★★★

キャラクターにはミラーレスお得意の顔認証AFも瞳AFも役立たず。意外と動きの激しいショーでは一眼レフ+望遠レンズの本領発揮。

一方で、泊まりになる人は割り切って小型軽量のミラーレスも有、オートフォーカスの得意な機種さえ選べばミラーレスでもそこそこ撮れる。

電車・飛行機・野鳥

戦闘機

ミラーレス ☆☆☆☆☆
一眼レフ  ★★★★★

このジャンルを本格的に撮りたい人は、「超望遠レンズ」、中級者向け以上のカメラ本体(ボディ)の両方が必要。現時点では一眼レフが強い。

これからどっちが主流になるの?

カメラ沢山

従来のミラーレスの弱点だったオートフォーカス(ピント合わせ)の弱さが克服されつつあるので、これからは上位機種にも小型軽量を活かしたミラーレス機が登場するでしょう。

一方で、一眼レフは報道やプロスポーツ撮影と言った一部のニーズのためのものに特化し、一眼レフの初心者モデルは各メーカー共にゆっくりと終息に向かうでしょう。

ミラーレス OR 一眼レフ あなたはどっち??

以上のことを踏まえて、自分がどちらのタイプか考えてみましょう。

ミラーレスが向いている人

スマホからのステップアップの人

気軽にスマホで写真を撮る

スマホで写真を撮るのに慣れている人は、ミラーレスの「画面を見ながら撮る」というスタイルの方がしっくりくるでしょう。

簡単にきれいな写真が撮りたい人

ミラーレスで写真を撮る人画像

とにかく簡単な方がいい!という人には、一眼レフは少しハードルが高いかもしれません。

撮るかどうかはともかくカメラを首から下げていたい人

ミラーレスカメラを愛用している人画像

ミラーレスは見た目がオシャレな機種もたくさんあります。結局撮らなかったとしても、カメラをファッションの一部と思える人はミラーレス向きです。

一眼レフが向いている人

ここまでミラーレスの利点を説明してきましたが、もちろん一眼レフがダメだ、というわけではありません。撮影ジャンルによっては、まだまだミラーレスでは役不足な場合もあります。

例えば、以下のジャンルに真剣に取り組みたい、という方は一眼レフをお勧めします。

電車、野鳥、飛行機を本格的に撮りたい人

一眼レフを愛用している人イメージ

これらを本格的に撮りたいと思うなら、中級機以上のカメラ本体と超望遠レンズが必要になります。この分野でのミラーレスの進歩はこれからなので、現時点では一眼レフを選ぶ方が良いと言えるでしょう。

ゆくゆくはライカやハッセルブラッドなどのフィルムカメラやクラシックカメラに行きたい人

クラシックカメラ画像

写真の世界を一生かけてドップリと浸かってみたい方。ただ撮れたら良いでは満足できそうにない方は、きっとミラーレスでは簡単すぎて物足りないでしょう。

理屈抜きで一眼レフに魅力を感じる人

一眼レフを愛用している人イメージ

良い道具というのは、所有しているだけで気分が良いものですよね。

最新の方式とは言えなくても、扱うのに練習が必要でも、そんな道具だからこそ愛着が沸く、ということがあるかもしれません。一眼レフのメカメカしさに痺れるというなら、それはもう是非一眼レフを使いこなすべき人だと言えるでしょう。

まとめ:これから買うならミラーレスがおすすめ!

ミラーレス

以上の理由から当サイトとしては、かなり本格的に飛行機やスポーツといった動きの速いものをメインで撮るので無ければ、ミラーレスをオススメします!

最近ではミラーレスでもある程度の動きの速いものにも対応できる機種が揃ってきました。
価格だけでなく、機能もよく比較する必要があります。

自分が撮りたいものと予算に応じて、自分の必要な機能を持ったカメラを選ぶようにしましょう。

ミラーレス一眼の失敗しない選び方を知りたい方はこちら

ミラーレス一眼の選び方 初心者がチェックするポイントはここ!
ミラーレス一眼を買おうと思っても機種が多すぎてどれを選んだらわからない!自分に合ったミラーレスを選ぶポイントを、初心者にもわかりやすく説明します。これからミラーレスを買おうと思っている人、ミラーレスのことを詳しく知りたい人は是非ご覧ください。

ミラーレス一眼とスマホの画質の比較はこちら

ミラーレス一眼とスマホの画質はどれだけ違う?実際に比較してみた!
最新のスマホ買ったらもう一眼はいらないんじゃない!? 今回は、実際にミラーレス一眼とiPhone11を撮り比べて、両者の違いを検証します。漠然とスマホより一眼の方が画質がいいんじゃないかと思っている方、ミラーレス一眼が本当に必要か迷っている方必見です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました