このエントリーをはてなブックマークに追加

ミラーレス一眼はバッテリーが持たないって本当!?ミラーレス一眼のバッテリー問題

ミラーレス一眼とバッテリーの話 アクセサリ
怖い機材トラブルトップ3と言えばやっぱり「カメラを落とす」「メモリーカード忘れ」そして「バッテリー切れ」ですよね☆(自分調べ)今は昔と違ってカメラも電気で動いているので、どれだけ良いカメラでもバッテリーが無ければ手も足も出ません。今回はそんなデジカメと切っても切れない関係のバッテリーについて調査してみたいと思います。
ミラーレス一眼と一眼レフの違いについて詳しく知りたい人はこちら
ミラーレスと一眼レフ、あなたにはどっちがおすすめ!?
この記事では、「ミラーレスと一眼レフの違い」、「撮りたいもの別、ミラーレスと一眼レフの向き不向き」、「あなたにあったデジカメはどっち?」を、わかりやすく紹介します。ミラーレスと一眼レフの間で迷っている方は是非参考にしてみてください。

ミラーレス一眼のバッテリー問題

バッテリー切れ
ミラーレス一眼はバッテリーが持たない!
ミラーレス一眼はバッテリー容量が小さすぎる!
ついにミラーレス一眼が一眼レフカメラの販売数を追い抜いたそうですが、確かに大手量販店のカメラの売り場には一眼レフと同じかそれ以上の種類のミラーレス一眼が展示されるようになっています。最近では「既に一眼レフを持っていて、買い替えや買い増しで次はミラーレス一眼を検討中」という人も多いのではないでしょうか。そんな中でよく話題に上るのがこの「ミラーレス一眼のバッテリー問題」かもしれません。巷ではとにかくミラーレス一眼はバッテリーが持たないとよく言われています。本当にそうでしょうか??同じバッテリーを使っているミラーレスと一眼レフをカタログ値で比較してみました。
撮影可能枚数比較表
ミラーレス一眼の撮影可能枚数はかなり少ないですね!。現在主流のモデルでは撮影可能枚数は多くても400枚以下となっていますので、確かにバッテリー性能は一眼レフの半分以下と言えます。一回の撮影で2000~3000枚ぐらい撮る人もザラにいますので、そんな人は「バッテリー10個買えということなの!?」と思うかもしれません。では実際の所は一体どうなんでしょうか。実際にミラーレス一眼の「キヤノン EOS R」で検証してみました!

結論:ミラーレスは予備バッテリーがあった方が安心

デジカメのバッテリー
やっぱり予備があれば安心!
結果から言うと、800枚ぐらいの時点で残量が15%程になったのでバッテリーを交換しました(証拠画像無くてすみません・・・)。つまりカタログ値の倍程度撮れたということになります。それでも一眼レフを使っていた頃はバッテリー1つで余裕で1500枚は超えていたので、確かにミラーレス一眼のバッテリー持ちは一眼レフの半分以下と言えると思います。一回で具体的に何枚撮れるかは撮り方によって違うので一概には言えませんが、一回の撮影が100枚を超えないような人なら付属バッテリーだけでも大丈夫と思います。しかし、大切な所でバッテリー切れを起こしたくないなら、念のために予備バッテリーを一つでも用意しておくと安心感はかなりあると言えるでしょう。
1回100枚以下なら付属バッテリーだけでもOK、でもやっぱり予備は欲しい

買う前に撮影可能枚数の目安を知る方法。

情報を調べる
どうやって調べたらいいの!?
ではまず、ミラーレス一眼を買う前の情報収集として、そのミラーレス一眼が付属バッテリー一つでどのくらいの枚数の写真が撮れるのか調べてみましょう。調べる方法は簡単です、メーカーのホームページでそのモデルの仕様を調べるだけです。
例えばキヤノンであれば、トップページから「個人のお客様」「カメラ」「レンズ交換式カメラ/交換レンズ」「カメラ本体一覧」と続いてゆき、お目当てのモデルの「仕様」タブの下の方に「電源」の項目があって、その中に撮影可能枚数の目安」という欄があります。
注意すべき点は、この数字はあくまで目安であって、「必ずこの枚数が撮れる」とか「必ずこの枚数でバッテリーが切れる」という意味ではないという事です。後述しますが、撮り方によってこの枚数は大きく前後します。しかし、例えば二つの機種に絞ってどちらにしようか迷っている時などは、どちらの機種がよりバッテリーが強いかといった簡単な比較として見ることができるでしょう。
目安はあくまで目安。撮り方によってかなり変わる

撮影中にバッテリーを長持ちさせる方法

では次に、バッテリーを長持ちさせるにはどうしたらよいのか考えてみましょう。

なぜミラーレス一眼はバッテリーが持たないのか

なぜ?疑問
同じカメラなのになぜミラーレスはバッテリーが持たないの???
まずそもそもなぜミラーレス一眼はどの機種もバッテリーがもたないのでしょうか。それは、ミラーレス一眼の構造と関係があります。カメラで電気を大きく消費するのは画像センサーと液晶画面です。しかし一眼レフは電源を入れて構えても、まだセンサーや液晶画面は働いていません。そこからシャッターを押して撮影してセンサーに光が当たって初めて、センサーが働きそれを画像として読み取り液晶画面に表示させます。つまり一眼レフは撮影中でも撮った瞬間しか電気を大きく消費しません。ミラーレス一眼はそれと違って電源を入れた瞬間からセンサーに光が入り、センサーが映像を読み込んで液晶画面に表示し始めます。つまりミラーレスはシャッターを押したかどうかにかかわりなく、電源が入っている間中センサーと液晶画面が電気を大きく消費し続けます
このため、同じ容量のバッテリーを使っていたとしてもどうしても撮影枚数が少なくなってしまうのです。
一眼レフは撮った瞬間だけ働く。ミラーレスは撮る前後も働く

バッテリーを長持ちさせるには

では、ミラーレス一眼で一枚でも多くバッテリーを長持ちさせるにはどうしたらよいでしょうか
方法は次の3つです。

設定は家で済ませておく

カメラの準備画像
準備とか設定とか全て済んでからバッテリーを満充電
とにかく電源を入れている時間を少なくするために、初期設定や簡単な設定は家で済ませた方が良いでしょう。そうすれば現場でカメラのメニューを表示させる時間も少なくなるので、結果としてバッテリーの節約につながります。もちろん新しいカメラを買った時には「このカメラはどんなモードがあって、どのような写真が撮れるのか」ということを、あらかじめ近場で練習してつかんでおくことも重要です。
現場では設定よりも撮ることに集中しよう

構えたらすぐに撮る

カメラを構える人
テンポよく撮ることを心がけよう
これも「設定は家で済ませておく」と同じような事ですが、ミラーレス一眼は構えて悩んでいるだけでもバッテリーを消費し続けます。ですから、「構える」→「悩む」→「やっぱり撮らない」を繰り返していると、撮影可能枚数はどんどん少なくなっていきます。ですからなるべく構えたらすぐに撮って悩む時間を短くするように心がけましょう。
ほとんどの機種はテンポよく撮影するなら撮影可能枚数はかなり伸びる

パワーセーブモードを利用するか、こまめに電源を切る

電源ボタン
こまめなオンオフを体が覚えるぐらいに習慣づけよう
ほとんどの機種には「パワーセーブモード」があって、これをオンにしておくと、設定された時間、無操作が続くと自動的にスリープモードになります。この設定をするだけで撮影可能枚数が100枚以上増える機種もありますが、例えばアイセンサーに反応してすぐスリープが解除されてしまったり、逆に撮ろうと思ったらスリープモードで「スカ」を食らったりとなかなか自分のテンポと合わないと感じる人もいるようです。そんな時はあえてパワーセーブモードはオフにして、自分でこまめに電源をオンオフする方がテンポよく撮影できることもあります。ちなみに自分も電源オンオフ派です。
パワーセーブモードを設定するだけでも撮影可能枚数は増える

じっくり見返すのは家で

写真のチェック

現場でのチェックはほどほどに
フイルムカメラの時代は撮った後現像プリントしなければなりませんでしたが、デジカメになって撮ったらその場で画像を確認できるようになりました。もちろんちゃんと撮れているかとか、明るさは適正かなどを確認するのは重要ですが、あまりに画像チェックをやりすぎるとこれまたバッテリーの消費につながります。現場の画像チェックは必要最低限に抑えて、しっかり見るのは家に帰ってからのお楽しみにする方が良いでしょう。
画像チェックは最小限に、心配なら沢山撮っておこう

予備バッテリーを買おう

以上の対策をしてもやっぱりバッテリー切れが心配、ということもありますよね。
では次に持ってて安心の予備バッテリーについて考えてみましょう。

予備バッテリーって??

予備バッテリー
そもそも予備バッテリーってなんでしょうか?簡単に言えば、「付属しているバッテリーと全く同じものを予備として一つ(もしくは幾つか)買っておく」ということです。もちろんそのためにカメラをもう一台買う必要がある訳ではなくて、バッテリー単体でバラ売りされているのでそれを買えばOKです。一昔前はカメラに直接単三電池などが入る機種もありましたが、今はそのような機種はまずありませんし、違う機種用のバッテリーは使えませんので、必ず付属品と同じバッテリーを買うようにしましょう。
バッテリーの間違いはあり得なさそうだが実際に起こる

どれを買えばいいの?型番を調べる方法

調査のイメージ
自分のカメラのバッテリー型番を調べよう!
では、具体的にどのバッテリーを買えば良いのでしょうか??お店で買うなら店員さんに自分のカメラ本体や機種名を見せたりして出してもらうのが手っ取り早いでしょう。
問題はネットで買う場合ですが、バッテリーの型番を調べたつもりがそのサイトの情報が間違っていて、違うと気づいた時にはケース開けてしまっていて返品不可なんてこともネットだと起き得ます。ですから正しいバッテリーの型番を知るために一番確実なのは、やはりメーカーの公式HPで調べることです。先ほどのキヤノンの例だと同じ「電源」の項目に「使用電池」の欄があって、そこにバッテリーの型番が記載されています

< キヤノン EOS Kiss Mの例 >

トップページから「個人のお客様」「カメラ」「レンズ交換式カメラ/交換レンズ」「カメラ本体一覧」「EOS Kiss M」「仕様」ページへ。下の方に「使用電池:バッテリーパック LP-E12」とある。この「LP-E12」がバッテリー型番

自己責任のネット社会。結局公式HPの情報が絶対確実。

「互換」バッテリーに注意!!

このバッテリーめちゃくちゃ安いんですけど!?

注意!
メーカー純正じゃないバッテリーには注意しよう!
自分のカメラの撮影可能枚数も調べて、バッテリーの型番もメーカーHPで調べて、いざバッテリーを買おうと思ってアマゾンで検索したら・・・?なんかやたら同じバッテリーが出てくるんですけど?いやよく見たら聞いたことないメーカーだけど値段はめちゃ安いんですけど???これは一体何??と思うかもしれません。これらのバッテリーは通称「互換バッテリー」と言われるもので、簡単に言うとカメラメーカーではないメーカーが作っている、メーカー純正ではないバッテリーのことです。
そしてこの互換バッテリー、たいてい値段がめちゃくちゃ安いです。バッテリーが二つセットで充電器もついて、それで純正バッテリー1個よりも安い、なんてことはザラ。つまり実質半額以下!こんな物あるならわざわざ高い純正バッテリーを買うのがバカらしくなりますよね。
メーカー純正のバッテリーってちょっと高すぎませんか!?

じゃあ互換バッテリーのほうがいいんじゃない!?

悩む人
わざわざ高い純正バッテリーを買う理由があるの?
「半額以下で買えるバッテリー」と聞くといいことずくめのように聞こえるかもしれませんが、実際は注意する必要があります。それは「メーカー純正品ではないので万が一その互換バッテリーの不具合でカメラ本体が故障してもメーカー補償対象外になる」という事です!しかもその互換バッテリーのメーカーをよく見て下さい、ほとんど聞いたことがない販売元やブランドばかりですよね??最近では商品の口コミはステマが多くてあてにならないようなので、正直その販売元がどれだけ信頼できるのか知る方法もありません。また、買った当初は使えていても、カメラ本体のファームウエアアップデートなどで突然互換バッテリーが使えなくなる、ということもあり得ます。「互換バッテリーを使うなら自己責任で」という事を忘れないようにしましょう
互換バッテリーにはリスクがあることを理解しよう

互換バッテリーは危険なの?

リスクを考える人
リスクを理解したうえで互換バッテリーを使うのはアリ!
ここまで互換バッテリーの注意点を書いてきましたが、決して互換バッテリー全てが危険だということではありません。実際自分も一部互換バッテリーを使っていますが今までにカメラ本体に問題が起きたことは全くありません。しかし新品で買ったカメラや、フルサイズとかちょっと高かったカメラにはやはり純正バッテリーを買うようにしています。なぜなら、一度だけ古いカメラで使っていた互換バッテリーを違う新しい機種に入れたら、赤い文字で「このバッテリーが使用できません」と表示されたことがあるからです。別にそれでカメラが壊れたとかはありませんが、それ以来新しいカメラには純正バッテリーを買うようしました。そのような経験から特に保証期間中はなるべく純正バッテリーを使うことをお勧めしたいと思いますが、「いやこのカメラ結構使ったし、壊れたら買い替えるからいいよ!」と割り切れるなら互換バッテリーを使う選択も悪くはないと思います。
互換バッテリーでトラブルが起きる可能性は低い。但し、あくまでも自己責任で。

まとめ:一回の外出で100枚以上撮りそうなら予備バッテリーを買っておこう!

充電中画像
特にミラーレスは毎回充電するクセをつけよう!
いかがでしょうか、自分はほぼ完全に一眼レフからミラーレスに乗り換えが完了しましたが、確かにバッテリーの持ちは悪いですが、工夫次第ではそこまで困ることは今の所ありません。カメラの使い方は人それぞれなので一概に予備バッテリーが必要とも不要とも言えませんが、今のカメラで「一回の撮影が100枚を超えるのが普通」という人は、予備バッテリーを持っておくと安心でしょう。もしこれから初めて一眼カメラを買う人は、とりあえず付属バッテリーだけで始めて見て、足りなそうだったらそれから予備バッテリーを検討すればよいと思います。この情報が皆さんのお役に立てれば幸いです。
ミラーレス一眼の失敗しない選び方はこちら
ミラーレス一眼の選び方 初心者がチェックするポイントはここ!
ミラーレス一眼を買おうと思っても機種が多すぎてどれを選んだらわからない!自分に合ったミラーレスを選ぶポイントを、初心者にもわかりやすく説明します。これからミラーレスを買おうと思っている人、ミラーレスのことを詳しく知りたい人は是非ご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました